院長ブログ

院長ブログ詳細

矯正のイメージ


今日はわたくし事で少し感じたことを久しぶりにブログに
しようかと思います。
以前、治療手段で矯正についての内容を自分なりに書きま
したが、この仕事をしているとほとんどの人はまた、新し
いものを取り入れたり、情報を増やすためにセミナーなん
かに参加するものですが、そのセミナーの月のスケジュー
ルにいろいろなセミナーの内容が書かれていて、その中に
矯正の内容のセミナーもいろいろあるのです。が、ほとん
どが「バキボキしない矯正です」と説明されてるのです。
矯正には確かにいろいろなやり方があり、ソフトなものか
ら、テンションを強くかけて行うものがあります。
しかし、ここで説明されてる内容はあきらかに音を鳴らす
矯正方法が否定的な感じで扱われてるので、誤解のないよ
う、ささやかではありますが、擁護しておきたいなと思い
ます。
まず、矯正において「バキボキする」というのは音のこと
で、これは矯正のかたちをとったときに結果音がすること
であって、はっきり言って音がしなくても矯正されます。
まあ、気持ち音がした方がスッキリしたり、関節の可動域
も広がります(音がしなくても広がりますが・・・)。
僕もこのハードな方の矯正をしますが、音だけで言えば患
者さんの体型によってする人としない人がいます。
あと、この音を伴う矯正をする施術者によって印象が違っ
てくるのも事実で、確かに強引な感じで矯正を行う人もいる
ことはいて、それが事故につながるというケースもあり、
それのイメージが強くでてしまっているとは思いますが、こ
の音を伴う矯正(スラスト、アジャストするとよく言います)
にも種類があり、音を伴うが本当に少しの力ですむものも
あり、やる人によって本当にきれいにスマートにやれる方も
たくさんいます(僕も一応、それを心がけてやってます・・・
(^-^))。
それにこのハードな方(決してハードとは思いませんが)も
施術してもらった後は楽に(スッキリ)なりますし、姿勢も
改善されるので、今後の予防にもなります。
なので、決して悪いものではないということを今日は伝えて
おきたくブログしました。
確かにソフトで安全な矯正に越したことはないですが、患者さ
んの症状によっては音を伴う矯正方法があってもよろしいので
はないかと・・・。
おそらく、セミナーに書かれていた(バキボキしない矯正と
いう)文句も悪いイメージではなく、ただ単に差別化して目
だ立たせるために書いたけかもしれませんがね・・・( ̄▽ ̄)

豊玉北4丁目接骨院

住所
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-21-4

アクセス
西武池袋線・都営大江戸線 練馬駅からは徒歩約8分
西武池袋線 桜台駅からは徒歩約10分

TEL 03-6914-9901

営業時間
【平日】9:00~13:00、14:30~19:00
【土日】10:00~17:00

休診 金曜日、祝日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1GdxSwj
  • facebook
  • twitter