豊玉北4丁目ブログ

豊玉北4丁目ブログ詳細

腱鞘炎/治療方法


手や指の使い過ぎでよく腱鞘炎というものが起こったりしますが、
これってなんで起こるかと言いますと、まず各指には一本一本腱が通
っていてそれを包み込んでいる腱鞘があります。その腱鞘と言われ
る筒のなかの腱が反復運動のゆえに繰り返される(それが過度になると)
と摩擦が起きそこから炎症がはじまり次第に痛くなります。この理由に
より腱鞘炎が起こります。
腱鞘炎でよく起こる場所は手首から親指にかけてです。その他には、
人差し指や中指、薬指の使い過ぎで炎症が起こり指が曲がって(引っ
かかるような感じ)しまうばね指というのがあります。
腱鞘炎がひどくなると、持ったり、押したり、つまんだり、ひねったり
、手首を動かすすべての動作に痛みを感じ字も書けないくらいになるこ
ともあります。
もちろん、早めに気づいて治すに越したことはないですが結構痛くなっ
てしまった場合はどうすればいいでしょうか?
まずは、何を置いても結局はなるべく使わないようにすること、安静で
すね。しょっちゅう使う人(主婦など)なんかは難しいかもしれません
が早く治すにはこれ(安静)です。
それでも休む余裕がないという人は使い終わった一日の後にその都度
冷やすことをすすめます。氷がいいですが、保冷材を手首にバンドみた
いので巻き付けるのでもいいです。寝るときは湿布を貼ればいいです。
テーピングなどで固定するというやり方もありますが、結構頻繁に使う
ところなのと、水仕事などでとれてしまう可能性があるため、なかなか
難しいところがあります(せいぜい手首あたりでそれから先の指を固定
しようとしても正直固定が弱いです)。
あと、接骨院などに置いてある電気治療で筋肉の緊張を取り除いて、血行
をよくして治癒を活性化させることです。
また、整形外科ではステロイド注射がありますが、正直一時的なところも
ありしばらくは楽になりますが、その間また普通に使うことで薬が切れた
ときにまた痛みを感じはじめます(このことからも安静がどうしたって必
要になります)。
最終手段として日帰りでもできる手術があります。それほど体への負担や
危険性は低いですが、傷が残るのと、後遺症として神経の麻痺が起きる場
合があります。なので、手術に関しては医師と十分に話し合いをして納得
の上で行うことが必要です。
腱鞘炎に関しては再発を繰り返す症状でもあるのでとにかく、できるだけ
早めに痛みに気づいたら治療することです。痛くても気にしないフリをし
て使い続け、結構痛くなってからでは治るのもそれだけ時間がかかります。
注意しましょう。

豊玉北4丁目接骨院

住所
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-21-4

アクセス
西武池袋線・都営大江戸線 練馬駅からは徒歩約8分
西武池袋線 桜台駅からは徒歩約10分

TEL 03-6914-9901

営業時間
【平日】9:00~13:00、14:30~19:00
【土日】10:00~17:00

休診 金曜日、祝日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1GdxSwj
  • facebook
  • twitter