豊玉北4丁目ブログ

豊玉北4丁目ブログ詳細

むちうち症の概要


よく自動車事故の追突とかでむちうち症が起こりますが、これは事故に
よる衝撃でそのとき首がむちのようにしなることでもたらされるエネル
ギーが首の靭帯や椎間板や筋肉を損傷することで起こるものです。
交通事故の後遺症の代表的なもので、かなりの確率で起こるものです。
むちうち症という診断名は加害的な病名で不適切でもあるので、一般的
には頸部外傷性症候群もしくは頸部捻挫、頸部挫傷と呼ばれます。
むちうち症については、事故の損傷の度合いにより症状や治療期間に個
人差があり、慢性化することもあります。自覚症状がすぐに現れないこ
ともあり、受傷して10日前後、もしくは3週間後に痛みがでるものも
あります。なので、早めに診察を受けることをおすすめします。
事故で大きな衝撃を受けると、肩こり・首や肩の痛み、めまい、耳鳴り、
頭痛、顔が痛い・表情が動かしにくい、食欲不振、手足のしびれなどが
むちうち症をもとに起こります。
治療法として大事なのはやはりまず安静にすることと、冷やすことです。
湿布は寝るときくらいでまず最初は炎症をおさえるために氷か保冷材を
使って冷やすことです。
炎症がおさまってある程度痛みもおさえられたらやはりここからが大事
で安静にしていたことで首が固く柔軟性がなくなっているので、それを
戻すために電気療法やマッサージを行います。
レントゲンで異常がないとか、我慢できないほどではないからという理
由で自己判断してしまうと痛みが残り後になって結局、また通院するこ
とにもなるので治せるときにしっかり治しましょう。

豊玉北4丁目接骨院

住所
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-21-4

アクセス
西武池袋線・都営大江戸線 練馬駅からは徒歩約8分
西武池袋線 桜台駅からは徒歩約10分

TEL 03-6914-9901

営業時間
【平日】9:00~13:00、14:30~19:00
【土日】10:00~17:00

休診 金曜日、祝日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1GdxSwj
  • facebook
  • twitter