豊玉北4丁目ブログ

豊玉北4丁目ブログ詳細

五十肩なるもの・・・


肩の症状でよく挙げられるのが五十肩(四十肩ともいう?)というのがあります。
その名の通り40代、50代の中年以降の人に起こりやすいのですが、臨床的に
は30代から100歳くらいまでの人に現れている疾患です。
肩関節は腱や靭帯に囲まれていますが、加齢により、これらの組織に炎症や癒着
が発生し、肩の運動を阻害すると考えられてます。
治療期間は症状の程度にもよりますが、肩を上げるのに痛いから筋肉が反射的に
護ろうと力が入る人でも続けて治療すれば三か月くらいで治ります。短くて二日、
最長でも一年半くらい回復する時間は個人差がありますが必ず治ります。
しかし、実際治す近道としては安静して自然治癒を待つよりも治療を行った方が
いいです。
だいたい痛みは肩の前側にきます。人によっては背中や肘まで痛む人もいます。
体温が最も下がる明け方や寒いときに痛みます。逆に入浴後や温めると痛みが
軽減されます。症状の状態としては、腕が上に上がらなかったり、後ろに回せ
なかったりします。
でも、この五十肩というのはだいたい僕が診た患者さんはすぐに痛めたという
方が少なく、しばらく我慢してから来院されることが多いのですよね。結構痛
くなってからくるため、やはりちゃんと治すには正直それなりの期間が必要に
なります。で、何をするかと言うと肩を動かす運動をします。痛めてる場所も
関節なので機能を回復させるためにも動かすことがどうしても重要になってき
ます(腰にしても膝にしても指にしても動かすことは同じ)。もちろん急性の
場合は冷やして安静これは変わりません。ただ、肩の痛みは女性の方が実際多
いと思うのですが最初って「ちょっと気になるけど大丈夫だろう」くらいな感
じで痛みの感覚があるにも関わらず普通に使ってしまうのですよね。で、気づ
いたらかなり痛くなって洋服着替えるのも大変みたいな感じなってるのです。
そうなると、ただ温めて安静してもなかなか治らないのです。なので、そうい
う場合は多少痛くても少しずつでいいので動かしていきます。
治療法は肩を動かしていくことと、電気療法、温熱の機械で温めることがメイ
ンです。テーピングは効果的にはなんとも言えないところです。注射は一時的
に楽になりますが、その間普通に使ってしまえば薬が切れたときに当然のこと
ながらまた痛みが戻ってきます。
治療で肩を動かすと言っても、これが自分一人ではできないというか難しいと
ころがあります。それは自分で肩を動かすとなると肩関節のところだけを動か
したいのが、筋肉も一緒に動いてしまうため動かす範囲が限られてしまうので
す。なので患者さんが力を抜いた状態で治療する側が動かすこと。これであれ
可能な限り最大限に肩の可動範囲を動かすことができるので治療になります。
まあ、自分でもやれるアイロン体操なるものがあるのですがはっきりいってや
ってても動かしてる感じがわかりにくいので続けてやれる人はまれです。あと
接骨院とかでたまにある、滑車を使って腕を上に上げることで肩を治すものが
ありますがこれ、自宅でも部品揃えればできるのです。が、置いたらそれをい
つもやるかというとやらないのです(どこぞの筋トレマシーンと一緒・・・)。
なので接骨院にあればそこでやることをおすすめします。

豊玉北4丁目接骨院

住所
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-21-4

アクセス
西武池袋線・都営大江戸線 練馬駅からは徒歩約8分
西武池袋線 桜台駅からは徒歩約10分

TEL 03-6914-9901

営業時間
【平日】9:00~13:00、14:30~19:00
【土日】10:00~17:00

休診 金曜日、祝日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1GdxSwj
  • facebook
  • twitter