豊玉北4丁目ブログ

豊玉北4丁目ブログ詳細

突き指/原因と治療


皆さんご存知だと思われますが突き指と言われる症状があります。これって
だいたい起こるときってボールに当たったりするときで、関節が左右どちら
か一方にグラッとずれるような感じで不安定に曲がります。どこを痛めるか
というと指の関節の内側と外側に側副靭帯というのがありここを痛めます。
指の関節は曲げたり伸ばしたりできますが、横の動きはできません。それは
先に言った靭帯がついていて両側を支えているからです。
で、ボールにぶつかるときってだいたい横から強い外力を受けるのでこの側
副靭帯を損傷するのです。スキーをやる人(今は少ないかもしれませんが)
なんかは親指をよく痛めます。
治療は電気やマッサージなんかもしていいですが、固定が中心です。ケガを
した最初にすぐ固定することをすすめます。というのは、我慢できるからと
いって放置することで曲がったまま治ってしまうからです。曲がったままと
いうのは靭帯が緩んだままということです。固定に関してはできればシーネ
(副木)を使って固定した方がよいです。損傷が軽度でかたちもそれほどで
もなければテーピングだけでもいいと思います。あと、当然ですが痛めてす
ぐのときは冷やします。直接患部に氷を当ててもいいですが、コップに水と
氷を入れてそこに指を突っ込みながら曲げる練習をするでもいいです。どち
らにしても半端ない冷たさですが・・・。
ある程度痛みがとれれば関節を動かし(モビライゼーション)ます。
結構、靭帯の痛みも損傷具合によってなかなか治りにくく、普通の動作レベ
ルでしたらそこそこ動かせても力を入れる動きでは痛みが残ることがありま
す。本当に最初にいかにしっかり治すかがポイントです。

豊玉北4丁目接骨院

住所
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-21-4

アクセス
西武池袋線・都営大江戸線 練馬駅からは徒歩約8分
西武池袋線 桜台駅からは徒歩約10分

TEL 03-6914-9901

営業時間
【平日】9:00~13:00、14:30~19:00
【土日】10:00~17:00

休診 金曜日、祝日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1GdxSwj
  • facebook
  • twitter