豊玉北4丁目ブログ

豊玉北4丁目ブログ詳細

膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)とは・・・


膝のお皿の下あたりに靭帯があるのですが、これを膝蓋靭帯といいます。で、
ここに炎症が起きると膝蓋靭帯炎というのですが、なぜこんなところを痛める
のかというと、この膝蓋靭帯炎の別名がジャンパー膝(ジャンパーニー)と言
ってジャンプを多くすることによって痛めてしまうのです。主にジャンプをす
るスポーツ選手(バスケットボールやバレーボール、ハードルなど)に非常に
多くあらわれる障害です。
ジャンプをするときは、まずももの前面の筋肉が収縮し、その力が膝蓋骨から
膝蓋靭帯、さらにすねの骨に伝わり膝関節が伸びる仕組みになっています。が、
激しいジャンプを繰り返すと膝蓋靭帯に膨大な負荷がかかり、炎症を起こして
しまうのです。これが膝蓋靭帯炎です。
膝蓋靭帯炎は、小・中学生よりも骨の成長が一段落する高校生や大学生に多く
見られます。これは成長期にある小・中学生の膝には成長軟骨があり、靭帯が
疲労する前に成長軟骨がダメージを受けるため先にオスグッド病(膝の曲げ伸
ばしで膝蓋靭帯が繰り返し引っ張られることで、すねの骨と膝蓋靭帯の接合部
が炎症を起こし、最後にははがれて浮き上がってしまう疾患)になってしまう
ためです。
治療法は予防もかねてストレッチを行います。大腿四頭筋を伸ばすストレッチ
です。もちろん痛みを感じない程度にです。あとは、これも他の治療法と同じ
で電療、マッサージ、キネシオテーピング、少し気になる感じでしたら包帯固
定などしていきます。

豊玉北4丁目接骨院

住所
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-21-4

アクセス
西武池袋線・都営大江戸線 練馬駅からは徒歩約8分
西武池袋線 桜台駅からは徒歩約10分

TEL 03-6914-9901

営業時間
【平日】9:00~13:00、14:30~19:00
【土日】10:00~17:00

休診 金曜日、祝日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1GdxSwj
  • facebook
  • twitter