豊玉北4丁目ブログ

豊玉北4丁目ブログ詳細

比較的目にする脱臼・・・


スポーツ選手とかがわりとやる脱臼の中に肩鎖関節脱臼というものがあります。
ラグビーや格闘技などで肩を強打したり、柔道で投げられることで手から落ちる
ときに脱臼してしまうのです。
肩鎖関節とは肩甲骨と鎖骨をつないでいる関節で、丈夫な肩鎖靭帯により補強さ
れています。しかし、先ほど上げた競技で肩に衝撃が加わったときに、肩甲骨と
鎖骨の間の靭帯が断裂し、鎖骨の端が上方にずれてしまうのです。
この肩鎖関節脱臼をした場合は、レントゲンをとらなくても外から見て判断する
ことができます。というのも、なんか普通より上に出っ張ってるのがわかるから
です。
また、この脱臼は程度により3段階に分けられます。1段階目は靭帯がわずかに
断裂するが、関節自体の不安定性はないもの。2段階目は肩鎖関節には横につい
てる靭帯と縦についてる靭帯があるのですが、その横についてる靭帯が断裂して
亜脱臼(完全に外れてなく少しずれている状態)している状態。縦の靭帯は断裂して
いない(ちなみに僕は柔道やってるのですが肩鎖関節はおそらくこの状態・・・)。
3段階目は縦と横の靭帯が完全に断裂して脱臼し、肩鎖関節の接触がない状態。
治療法はまず、患部を冷やします。3段階目のものは骨にはりがねを通し固定す
る手術になります。1段階目、2段階目の場合は、自分の腕の重みを利用して肩
の浮いている部分を抑えて固定するためにテーピングを使います。ただし、テー
ピングによる固定は痛みはなくなるが変形したかたちで治る傾向にあります。あ
とは、いつも通り電療ですね。まあ、極端な話肩鎖関節脱臼の場合、治った後のか
たちにこだわらなければ痛みが消えた際、機能的には問題なく使えます。かたち
まで気にするようでしたら、手術であればきれいに治ります。
肩関節脱臼と同じで習慣性にもなりやすいので、きちんと治療、リハビリを行う
ことが重要です。

豊玉北4丁目接骨院

住所
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-21-4

アクセス
西武池袋線・都営大江戸線 練馬駅からは徒歩約8分
西武池袋線 桜台駅からは徒歩約10分

TEL 03-6914-9901

営業時間
【平日】9:00~13:00、14:30~19:00
【土日】10:00~17:00

休診 金曜日、祝日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1GdxSwj
  • facebook
  • twitter