豊玉北4丁目ブログ

豊玉北4丁目ブログ詳細

シンスプリント(すねの内側、中央よりやや下の痛み)


シンスプリントというという症状があるのを多分名前くらいは聞いたこと
あると思いますが今日はこの症状を取り上げようと思います。
これ、正式には「脛骨過労性滑膜炎」という疾患です。
シンスプリントは陸上の長距離選手やジャンプを行うスポーツ選手に多く、
すねの骨(脛骨と言います)の内側、真ん中よりやや下三分の一が痛みま
す。腫れや熱はないのですが患部を指で押すととても痛みます。X脚や過
回内(足を地面についている状態で足首が内側方向に向いている)足の女
性、あと偏平足の人にもよくみられます。
ジャンプや着地をするときにふくらはぎのヒラメ筋という筋肉を使います。
過回内足の人は、足が浮いているときに比べて、地面に着いたときに踵の
骨の軸が外側にずれている(開いた感じ)のです。このずれは個人差があ
るのですがずれが大きいほど痛みの部分に関係しているヒラメ筋の緊張が
強くなるのです。そのまま走ったりジャンプをして着地するたびにヒラメ
筋がついている骨の骨膜(その名の通り骨を覆ってる膜)が引っ張られ、
限界を越えると骨膜に炎症を起こして痛みはじめるのです。
治療法は痛む場所ではなく、ヒラメ筋を治療することが重要です。キネシ
オテープ、電療、マッサージ、包帯で固定するのもありです。あとX脚の
人に内側に高さのある足底板を靴の中に敷き、内側を高くすると踵の骨の
軸の外側へのずれが小さくなることで痛みを防げます。

豊玉北4丁目接骨院

住所
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-21-4

アクセス
西武池袋線・都営大江戸線 練馬駅からは徒歩約8分
西武池袋線 桜台駅からは徒歩約10分

TEL 03-6914-9901

営業時間
【平日】9:00~13:00、14:30~19:00
【土日】10:00~17:00

休診 金曜日、祝日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1GdxSwj
  • facebook
  • twitter