豊玉北4丁目ブログ

豊玉北4丁目ブログ詳細

小・中学生の成長障害の疾患のひとつ


よく小・中学生のスポーツをやっている子に多く、成長期の膝の障害で
最も多い疾患の一つにオスグッド病というのがあります。名前くらいは
聞いたことある人もいると思います。正式にはオスグッド・シュラッタ
ー病といいます。どういう疾患かというと、膝の皿の下にある出っ張っ
た骨が痛み、ボコッと腫れてきます。
膝の曲げ伸ばしを安定させるために膝蓋靭帯(膝のお皿とすねの骨をつ
ないでいる靭帯)がすねの骨にくっついていますが、この付着部分が成
長期は軟骨でできているのです。膝の曲げ伸ばしで膝蓋靭帯が繰り返し
引っ張られることで、すねの骨と膝蓋靭帯の接合部分が炎症を起こし、
最終的にはがれて浮き上がってしまうのです。
このオスグッド病になりやすいスポーツは、特にサッカー、バスケット、
バレーボールや野球などジャンプやランニングを伴い、膝に圧力をかけ
る動作の多いものです。
小・中学生の成長期には脛骨粗面(膝のお皿の下あたり、すねの骨の上
の方)がまだ未成熟で抵抗がないので普通は痛みます。また、外見から
はあまり痛くなさそうに見えるが、本人からすれば結構痛いのでわかっ
てもらえないところが問題なこともあります・・・。逆に自覚症状がな
いこともあります。
高校・大学生になると、脛骨粗面が成熟してるのでその上の膝蓋靭帯が
痛みます。さらに大人になると脛骨粗面、膝蓋靭帯も成熟し、膝のお皿
の上の筋肉が痛みます。同じ原因でも年齢が上がるにつれて、痛む場所
が上に移行していきます。
治療法はまずは基本です。アイシングしてできるだけ安静ですね。そし
て大腿四頭筋のストレッチをすることで付着部分である脛骨粗面の負担
を軽くします。あとはオスグッド用のバンドで固定などです。また、痛
みがありますが脛骨粗面あたり全体(脛骨結節)を強く押すことも必要
です。

豊玉北4丁目接骨院

住所
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-21-4

アクセス
西武池袋線・都営大江戸線 練馬駅からは徒歩約8分
西武池袋線 桜台駅からは徒歩約10分

TEL 03-6914-9901

営業時間
【平日】9:00~13:00、14:30~19:00
【土日】10:00~17:00

休診 金曜日、祝日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1GdxSwj
  • facebook
  • twitter