豊玉北4丁目ブログ

豊玉北4丁目ブログ詳細

腰痛症といわれるもの・・・


老若男女問わず、長時間立ちっぱなし、座りっぱなしの人に多い腰痛に
筋・筋膜性腰痛というのがあります。
一般病院ではヘルニアや腰椎に異常が発見されない場合によく名付けら
れる疾患です。
肥満やストレス、運動不足が腰痛の原因といわれてますがこの疾患の場
合、直接的な原因ではありません。整形外科では多くの場合、腰痛の原
因は主に骨や椎間板の老化やヘルニアによる神経圧迫に求めます。つま
り、レントゲンやMRIなどで検査を行い、画像データで少しでも異常が
発見されたら痛みの原因はその異常によるものだと判断しているのです。
椎間板ヘルニアや変形性脊椎症はこれらの典型的な例です。
ところが、腰痛はヘルニアや脊椎が変形していない人たちにも多くいま
す。
整形外科など痛みの原因がわからないと診断がつかないため「腰痛症」
というあいまいな病名をつけますが、そんな「腰痛症」にも種類があり
ます。
例えば、朝起きたときとかずっと立っているときに腰が痛い。このよう
な場合は姿勢性腰痛といわれます。特に筋・筋膜性腰痛の多くが腰の上
部左右(筋肉のあたり)が痛みます。
この腰痛は長時間同じ姿勢でパソコンを使って仕事をしていると、少し
前かがみの姿勢を長く続けることになります。この前かがみの姿勢を維
持するには姿勢筋ともいわれる脊柱起立筋が収縮することによって保た
れているわけです。同じ姿勢を続けていると、この脊柱起立筋が疲労を
起こして異常収縮してしまうのです。すると、脊柱起立筋が引っ張られ
て炎症を起こし痛みを生じるのです。さらに、連動して脊柱起立筋を補
助する筋肉、大殿筋(お尻の筋肉)にも同じような現象が起こってくる
のです。一般によくいわれる「良い姿勢」というのは異常に反っている
状態ですのでやはり異常収縮してしまいます。なので、筋肉疲労、異
常収縮を避けるためには同じ姿勢をとり続けないということが重要なの
です。
診察の際は腰を前後に曲げたり、左右に倒したり、左右に捻りどの姿勢
がつらく、どの姿勢が楽かを確認することが必要です。その結果、痛み
に関係している筋肉を治療することが回復への近道になります。
急性期は寝るときなど、腰や膝を曲げた姿勢をとると筋肉が緩み、回復
が早まります(ただし慢性期は有効ではありません)。また、重い物を
持つときは膝を曲げてしゃがんで持ち上げると負担が軽減されるため、
予防することができます。
寝ているときだけ腰が痛い、朝起きたときだけ腰痛が起こる人の場合は、
寝具に工夫を加えることで痛みを解消できます。仰向けに寝るとマット
レスで腰椎前弯が維持できず、腰椎が沈み込む後弯位をとってしまうた
め痛みを生じてしまうのです。これを解決するには、タオルを寝返りを
うってもちょうどよい大きさに丸めて(細長くなる感じ)、腰椎前弯部
分(腰の少しへこんでいるところ、腰が前に沿っているところ)に当て
るのです。これで仰向けでも横向きでも腰椎前弯を維持することができ、
腰痛が予防できます。
姿勢性腰痛の説明が長くなってしまいましたが、他に内科的腰痛という
のがあり、すい臓がんや腎臓がんの場合、腰が痛むことがあります。病
院に行く前に自分で姿勢性の腰痛か、内臓による腰痛か簡単に判断でき
る方法があります。姿勢性の腰痛は反らすと痛いが、前かがみになると
楽になるというように痛みが和らぐ姿勢があります。しかし、内科的腰
痛の場合はどんな姿勢をとっても逃げ場がないような痛みが襲います。
この2つ以外でない場合、もう1つ仙腸関節による機能異常で腰痛にな
ることがあります。仙腸関節が異常を起こすと、関節の靭帯の弾力性を
なくし、関節の遊び(関節を伸ばしたときの余分にある動き)が少なく
なります。それによって痛みが起きます。
治療法はいつも通り電療、マッサージ、キネシオテ-ピングに慢性期の
人には遠赤外線やマイクロ波なども有効です。あと、牽引療法がありま
すがこれは効力がすぐに表われる場合と余計に悪化してしまう場合と見
事に分かれます。牽引力をいきなり強くするのではなく、徐々に強くし
ていき何回か行って効果がなければ他の治療法に切り替えた方がいいで
しょう。他には神経ブロック、局所麻酔薬を注射するのですが、これも
効果がある人とない人に分かれます。注射する側にも差があります。こ
れだけで治ることはまれでリハビリを併用しなくてはなりません。薬に
対する抵抗力も徐々に慣れて耐性ができるので、回数を制限することが
大切です。内服薬も同じく徐々に慣れて耐性ができるので、回数を制限
することです。また、カイロプラクティック療法も仙腸関節から起こる
筋の異常収縮により二次的に発生した関節の機能異常はこれでとれるこ
とが多いため、一時的に痛みを取り除くことはできます。しかし、大元
の仙腸関節の機能異常が正確にとれていないため痛みが再発することが
あります。根本治療になりにくいのが難しいところです。あとはコルセ
ットですかね。これもできれば一か月くらい長く装着するとあまりよく
ない(腰の仙腸関節が拘縮してしまう)ので早めに治すことが理想です。

豊玉北4丁目接骨院

住所
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-21-4

アクセス
西武池袋線・都営大江戸線 練馬駅からは徒歩約8分
西武池袋線 桜台駅からは徒歩約10分

TEL 03-6914-9901

営業時間
【平日】9:00~13:00、14:30~19:00
【土日】10:00~17:00

休診 金曜日、祝日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1GdxSwj
  • facebook
  • twitter