豊玉北4丁目ブログ

豊玉北4丁目ブログ詳細

腰椎靭帯の損傷


前回腰の話をブログでしましたが、ついでにもう1つたまに見かける
腰の症状に腰椎の靭帯の損傷というものがあります。
これは、重い物を持ってグッと捻ってしまったときなどに腰椎の靭帯
が損傷され痛む疾患です。この疾患の特徴は腰の下の中心部(腰椎の
3,4,5番あたりを押したときにひどく痛むところです。
背骨をつなげているのが椎間板と椎間関節といわれるもので(ざっくり
とした説明ですみません)、これらを補強するように椎骨(背骨)の前
後に走っているのが靭帯です。
足の捻挫は足首の靭帯の断裂ですが、腰椎の靭帯損傷はそれの腰バージ
ョンみたいなものです。
骨がもろい高齢者の場合は、強い外力を受けると骨折してしまいますが、
若い人は骨が丈夫なので靭帯が部分的もしくは完全に断裂してしまいま
す。しかし、足首を捻挫すると内出血するのに対し、腰椎の靭帯の場合
は内出血がほとんどみられません。
背骨の積み重なっている関節を椎間関節といいますが、ここの痛みを見
るためのテスト法があります。
治療法は応急処置として、まずはとにかく冷やします。その後は靭帯が
くっつくように安静を保ちます。キネシオテープなどで補強するのもい
いと思います。それと、できればコルセットなどで固定する方がよいか
もしれません。

豊玉北4丁目接骨院

住所
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-21-4

アクセス
西武池袋線・都営大江戸線 練馬駅からは徒歩約8分
西武池袋線 桜台駅からは徒歩約10分

TEL 03-6914-9901

営業時間
【平日】9:00~13:00、14:30~19:00
【土日】10:00~17:00

休診 金曜日、祝日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1GdxSwj
  • facebook
  • twitter