豊玉北4丁目ブログ

豊玉北4丁目ブログ詳細

股関節の疾患


股関節が痛む疾患に変形性股関節症というものがあります。中年
以降の女性に多く(もちろん男性もまれにいます)、特に赤ちゃ
んの頃に股関節脱臼を起こした経験のある人に多く現れます。
赤ちゃんのときに股関節脱臼を起こすといろいろな装具をつけて
治すのですが、中高年になると変形性の股関節脱臼の症状が現れ
てしまう(若いうちは平気なのですが・・・)のです。こうなる
と次第に足を引きずって歩くことになってしまうのです。
この変形性股関節症とは、股関節の軟骨がすり減って変形が起こ
ってしまうのです。
股関節は体重が乗る関節で、股関節の角度は90度に近い角度で
曲がってるのですが、大腿骨の真上に重さがかかっているわけで
はないので負担が非常に大きくなってしまうのです。それだけに
少しでも軟骨がすり減ってきたり変形が生じると、非常に敏感に
痛みや違和感を抱くことになるのです。
さらに股関節の軟骨がすり減ると、股関節の隙間がなくなってし
まい骨がでこぼこしてしまいます。また、大腿骨の骨頭がいびつ
に変形してしまい骨棘(骨にできるとげのようなもの)ができて
激しく痛むようになります。
治療法は電療、股関節を中心に股関節を支えているお尻の筋肉で
ある中殿筋、小殿筋をマッサージしたり、あと股関節には体重が
非常にかかるので体重を制限することは大事なことです。
薬物療法だとステロイドやヒアルロン酸を注射します。
また、60歳以上の人で杖を使って足を引きずっている人や夜間
痛がある場合に限って人工の股関節に取り替える手術を行います。
しかし、手術をして10年くらい経つとまた再発してしまうこと
があり、そうなると10年おきに手術を繰り返さなければならな
くなります。
人工関節を取り替える手術をしても痛みが解消しない人もいるの
ですが、変形性股関節症の症状で足を引きずっている人は仙腸関
節に遊びがなくなり、引っかかって機能異常を起こしてしまう可
能性があるので仙腸関節を調整するのもひとつの手段です。進行
を防ぐことができるかもしれません。
あとはコルセットなども試してみることです。

豊玉北4丁目接骨院

住所
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-21-4

アクセス
西武池袋線・都営大江戸線 練馬駅からは徒歩約8分
西武池袋線 桜台駅からは徒歩約10分

TEL 03-6914-9901

営業時間
【平日】9:00~13:00、14:30~19:00
【土日】10:00~17:00

休診 金曜日、祝日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1GdxSwj
  • facebook
  • twitter