豊玉北4丁目ブログ

豊玉北4丁目ブログ詳細

長・短腓骨筋炎(外くるぶしの少し後ろ下の痛み)


特に転んだこともないのに、外くるぶしの少し後ろ下のあたりが痛む
疾患で長・短腓骨筋炎というものがあります。
長・短腓骨筋は外くるぶしの方にある腓骨筋支帯というトンネル(靭
帯のようなもの、靭帯の中に長・短腓骨筋の腱が通っていると考えて
もらってよいです)を通って足の小指の付け根にくっついている筋肉
です。この筋肉の動きは足首を下に曲げる(底屈)のと外側に捻る(
外反)ことです。この長・短腓骨筋が筋肉疲労を起こすことで炎症を
起こし痛めたり、また、腓骨筋にかかる負担(動き)が強いと外くる
ぶしを通って一番短距離なので外くるぶしの前へ行く可能性があり、
それを抑えるための支帯である腓骨筋支帯がこすれて炎症を起こして
痛くなる場合があります。O脚の人に多く現れる傾向があります。
テスト法があります。治療法は患部を少し押さえるために干渉波、テ
ーピング、キネシオテーピングなどを行います。重症の場合は包帯固
定をして足首を動かさないようにしてギプスを行います。あとはマッ
サージですね。

豊玉北4丁目接骨院

住所
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-21-4

アクセス
西武池袋線・都営大江戸線 練馬駅からは徒歩約8分
西武池袋線 桜台駅からは徒歩約10分

TEL 03-6914-9901

営業時間
【平日】9:00~13:00、14:30~19:00
【土日】10:00~17:00

休診 金曜日、祝日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1GdxSwj
  • facebook
  • twitter