豊玉北4丁目ブログ

豊玉北4丁目ブログ詳細

お尻の筋肉の痛み(大殿筋炎症)


お尻の筋肉の痛みで大殿筋の炎症というものがあります。まあ、
これ、普通に触っても痛いというのがわかるのですが、腰の周り
が痛くなったときなどだいたい連動して痛くなります。
お尻の筋肉には大殿筋の他に中殿筋・小殿筋とありますが、大殿
筋はこれらの筋肉の一番表層にあり、左右の骨盤を横からみた時
に真ん中から少し後ろよりについている筋肉です(中殿筋は真ん
中より少し前側、もちろん後ろにも少しかかってます。小殿筋は
中殿筋のさらに奥の方、中に入ってる感じです)。
この大殿筋の炎症の例として高齢者で腰が曲がってしまった人が
いますが、これは背骨が加齢により変形してつぶれることで曲が
ってしまうのです。この場合、前に転ばないように体は無意識の
内に、脊柱起立筋を収縮させてバランスをとっているのです。
年齢を重ねると姿勢をまっすぐ保つ脊柱起立筋の筋肉が弱まって
くるため、真っすぐに保てなくなってしまうのです。そうなると、
長時間前かがみの姿勢になってしまうわけで、その為、起立筋の
収縮が疲労を起こし起立筋を補助している筋肉の大殿筋も収縮し
てしまうのです。
この大殿筋も疲労してしまうと仙腸関節(仙骨と左右の腸骨の間)
のそばや大腿骨の付け根に炎症を起こしてしまうのです。主に、
大殿筋の炎症の原因は大殿筋の使い過ぎによるものです。そのた
め腰の曲がったお年寄りだけでなく、大殿筋を酷使するサッカー
やバレーボールの選手にも多く見られる疾患です。
また、胸椎の12番目と腰椎の1番目の圧迫骨折による関連痛で
痛むこともあります。さらに気をつけないといけないのが尿管結
石がある場合も大殿筋に痛みを感じる場合があるので要注意です。
治療法としてまず第1に上げるのはストレッチですね。大殿筋の
炎症は、大殿筋の使い過ぎにより筋肉が異常収縮を起こしている
状態のため、スポーツ選手はもちろん腰の曲がった高齢者の人で
あってもストレッチで筋肉を伸ばしてあげることは有効です。
あとは、ほぼいつもの治療法として網羅している電療、マッサー
ジ、キネシオテープですね。場合によってコルセットもいいと思
います。

豊玉北4丁目接骨院

住所
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北4-21-4

アクセス
西武池袋線・都営大江戸線 練馬駅からは徒歩約8分
西武池袋線 桜台駅からは徒歩約10分

TEL 03-6914-9901

営業時間
【平日】9:00~13:00、14:30~19:00
【土日】10:00~17:00

休診 金曜日、祝日

当院facebookページはこちら
http://on.fb.me/1GdxSwj
  • facebook
  • twitter